波動(念)をこめるには石が最適

FT060_L
念を入れるにも独自のノウハウが要ります

波動(念)を入れるには、ブレスレットのパワーストーンが一番適していると思います。その媒体として。

石(パワーストーン)には色々な感情や思いが残留しますし、そこには持ち主以外の人の想念も残ることもあります。
職場の同僚の怒りの想念や、恋敵の嫉妬の思いや、はたまた近所の見知らぬ人のものすごい負の波動などなど。

つまり、石は元来そういった波動や思念・想念を残しやすいものなのですね。
又、ブレスレットとして持っていた場合、通常はそこに残る波動は持ち主だけのものとは限らないとも言えます。

一応これらのマイナスの感情の場合のリスクは常にあると思って下さい。

だからこそ、昔からパワーストーンは定期的な浄化が必要と言われています。
セージやクラスター、日光や月光などでと一般的には言われています。

浄化不要、自動浄化のパワーストーンブレスレットは振り子∞波動研究所


しかし普通は浄化が完了しているかなんてわからないし、どの程度すれば良いのかもわからない。何より面倒だぁ~という人の為に、”浄化不要”のブレスレット(全グレード)、”自動浄化”のブレスレットS・RSグレード)にして作成しているのが、振り子∞波動研究所のパワーストーンブレスレットです。

この浄化不要にして穢れないパワーストーンブレスレット”は、どこにも出来ない、振り子∞波動研究所だけの”しくみ”にしています。

詳しくはこちらのホームページへ
≫≫ 振り子∞波動研究所
≫≫ 正しい除霊・霊障対策研究所
お問い合わせ
tel 080-4822-0055
tel/fax 050-3409-7257

一覧表
見た目で選んでいませんか?