霊能者・ヒーラー・除霊師・スピリチュアルカウンセラー・陰陽師のレベル1

霊を扱っていた人へ。潰される前に、サイン・シグナルは何度も来ていたはず。

持っているスピリチュアルな力や霊感を、自身の戒めのために持たされている人と、それを外部に使用するように持っている人とでは実は意味が全く違います。2つは全く別物です。

例えば霊視が出来たとしても、全てを身の程知らずにどんどんと視ていけば良いってものではありません。いつかその時点で手に負えないものに関わったり、厄介な霊体の尻尾を踏んでとんでもない目にあうか、霊的に再起不能になることもあります。そういう失敗が蓄積してもう手に負えなくなっている人も中にはいます。

 
時々いるのです。霊視を前面に出して活動していた人が、急にその霊視鑑定の受付をやめたりとか。今は霊視・霊障関係はお断りしていて、ただの石の販売だけしている方とか。

又、結構な割合で淘汰されていっている一応本物だった霊能者・ヒーラー・除霊師・スピリチュアルカウンセラーの中にはそういったパターンの人が多いのも事実です。

 

霊的な分野に関して言うと、中途半端なのが特に危ないです。

 より深く進むのなら進むで何かで突き抜けないと、突き抜けるくらいの何かを持っていないと。中途半端に出る杭は打たれます。人間の世界・現実の世界以上に霊的なものを取り扱う世界では。
スピリチュアルという言葉が示すイメージの範囲なら、さほど大きなリスクは無いと思います。でもマイナスの負荷が大きい霊的なエリアまで入って行くと、もし何かあった時に自分以外に対処できる人は周囲にいないでしょう?他の霊能者に頼ろうなんて思わないでしょう?霊視や霊的処置が出来る人なんてそんなにあちこちいないわけだから。

つまり、霊能者になろうとして進んで行っても、自分自身に霊的トラブルがあった時に周囲に信頼して治してくれる人なんてすぐに見つかるわけがない。
(虫歯になったら歯医者に行こうとか、骨折ったら整形外科行こうとかって話ではないのです。)

 

詳しくはこちらのホームページへ
≫≫ 振り子∞波動研究所
≫≫ 正しい除霊・霊障対策研究所
お問い合わせ
tel 080-4822-0055
tel/fax 050-3409-7257

一覧表
見た目で選んでいませんか?